家と住人を守るために必要な外壁塗装

###Site Name###

外壁塗装を行うのは、見た目を良くするためだけではありません。
家や住居者を守るために、大切なことなのです。


新築のときは何も問題のない外壁も、住みだして数年経つとヒビや剥がれが生じてきます。
気にせず放置している人も多いかもしれませんが、そのままにしておくとどんどん壁は劣化してしまうでしょう。

そして生じている亀裂部分から、雨水が家の中へと侵入していくのです。
侵入した雨水は、柱を伝い土台に溜まり、湿った土台は腐ってしまいます。


その結果、柱が傾いて建具が閉まりにくくなったり、床が斜めになったりと、せっかくの大切な家の老朽化が進んでしまうのです。



また恐ろしいのは黒カビです。


柱や土台の湿気から家の内壁などに黒カビが生じ、その部屋で過ごす住人の健康を害してしまう恐れがあります。


黒カビは、アトピーやアレルギー、喘息などの症状の原因となるので、早い段階で手を打たなければなりません。

そこで解決方法として、まず外壁のヒビを塞ぎ、これ以上雨水が侵入しないようにする必要があるでしょう。


その方法のひとつが、外壁塗装なのです。外壁塗装することでヒビが塞がれて、雨水が入らなくなり、湿った柱や土台もだんだん乾いていきます。



家の中の湿気が解消されると、黒カビも防ぐことができるのです。
放置しておくと状態はひどくなるので、いざ工事するときの時間も費用もかかってしまいます。外壁のトラブルはできるだけ早く、リフォームを施すに越したことはないでしょう。