シーズンによって変わる外壁塗装

###Site Name###

外壁塗装は、家の中への水分の浸入などを防ぐため、適正な時期に行うことで、家の劣化を抑え長持ちさせることができます。また、見た目のイメージも大きく変わりますので、外壁塗装を行うタイミングで家の色変えをすることも生活にメリハリを与えます。

外壁塗装というように、家の表面に塗料を塗布することになりますので、塗料が乾き易いシーズンが外壁塗装にむいているシーズンになります。具体的には、気温が5度よりも高く、湿度が85%を切る日が良いため、梅雨の前のシーズンと、8月下旬から9月にかけてのシーズンが塗装にむいているシーズンになります。

一方で、特に夏場は作業も多くあるため繁忙期になり、料金は高めになってしまう傾向にあります。



もっとも、塗装にむいていないシーズンにお願いした場合には、料金が安くても、天候の影響で足場の利用日数が長くなってしまい、繁忙期と同じ程度の料金になってしまうこともあるため、足場を必要とする塗装を依頼するのであれば、塗装にむいているシーズンにお願いする方が良いです。



もし、足場を組む必要のない塗装や、特に急いでいないのであれば、シーズンや、塗装日を指定せずに、業者の都合のよいタイミングで塗装をするようにお願いすると、シーズン外で偶然塗装にピッタリな気候の日や、シーズン中でぽっかり予定が開いた日に安く作業をしてもらうことができます。


ただし、塗装は塗料によって、値段も大きく変わりますので、あまり安さを追求しすぎて、塗料の質を落とされてしまっては意味がありませんので、塗料の種類と品質については十分注意してお願いすることが肝要です。